やすくんのベンツ レストア風?

オールドメルセデスベンツ Mercedes Benz Restoration W100 W108 W109 W189 W113 W126 R107 W123 W124 R129 W140 190sl 230sl 280sl 250s 280se 300sel 3.5 4.5 6.3 600 時々バイク+シトロエン♪を素人の私が大掃除してます☆ 気長にやります。

車選びはお店選び                      W108 W111 W113 W126 R107 W123・・・                              オールドベンツ レストア

オールドベンツ レストア W111 280SE 3.5 クーペ

2ヶ月の休憩も終わり、やや本気モード。全体の形を整えます。0.8ミリの外装パネルは硬い。

アンダーコートは全部剥がしたので、部分的にひと吹きで収めて水切りの良さと軽量化を両立。(聞こえは良いがめんどくさい)

フロントフェンダーや足回りはもう一度外すことになりそうです。


今回のレストアではアンダーコートを捲ると、やっぱり大小さまざまな腐りやサビが出てきました。。

40年の間、転売されるたびに積み重ねたシャーシブラック・・・ 後塗りのノックスドール・・・ 古いパテ・・・

その時の「車両相場」に応じた金額でメンテナンスされたはずだ。

減価償却なんのその、隠蔽を繰り返された壁は厚かった。。





オールドベンツ レストア 

そんな状態でも店頭ではワックスが掛けられ並べられる。(↑イメージ画像)

エンジンルームもキレイにピカピカ、汚いネジやステーは見える部分だけ交換。各部品の「質感」にメリハリが効けば組んだときにキレイに見える。考えることはみんな一緒だ  

おそらく「納車時」は美しく見え、誰もが表面だけに惑わされたことだろう。

最悪クレームが来ても「旧いクルマですから!」で何とかしようとする手口は、まさにプロ。いや、実は素人なのか?

なにも自動車の世界だけではなく、最近流行りの「再生住宅」もリノベーションなんて横文字だが肝心な部分は(ちゅうぶる)

女の子のメイクも同じです。←(※要注意※ウソ)

その「プロ」の販売店も客も気づかなかった「禁断の内面」そして「素顔」を修正する。いや、した。はずだ





画像 007

ヨレヨレボディーがベースの中古車は足回りやマウント、その他の消耗品を交換したところでボディーはヨレヨレのままなんです、モノコックボディーにスペアなんて無い。金属疲労は直らない。

健康なW111の場合、純正ジャッキで1輪持ち上げても、引っ掛かり無くドアは開く。ヨレヨレの場合は最悪開かない。

この手のクルマはお客も業者も新車の状態なんて知ってるわけがないので(自分も)、販売店に悪気があろーが、なかろーが「こんなもんですよ~」とか「客のニーズに合わせている」なんて言われると、お客は返す言葉がないわけだ。。

実際のお客さんも、「下回り板金に100万使うくらいなら内装を張り替えろ!」と注文してくるのも事実。

かしこまりました。(販売店)

たしかに「客のニーズ」なんてこんなもんだ・・・ 100万の光岡に乗ってくれたほうが手っ取り早いが気持ちは解る。



「じゃあどこの店がオススメですか?」なんてメールも来そうだが関西にまともな店は無い。



普通の中古車なら、買う前にまず試乗する。リフトで上げてもらい自分で見る。同じクルマ乗ってる人に聞く←(これ重要)。店の話は半分だけ信じる。

もし、内も外もエンジンも超キレイなお買い得車なら、もはや知らぬが仏。W111クラスでさえフルレストアすると1500万位掛かります。安くて良い物なんてない。。


まぁ旧車選びはバクチです。。。





1500万あるならGTR スペックV買うだろうな・・・ ないけど・・・



スポンサーサイト

テーマ:メルセデスベンツ - ジャンル:車・バイク

FC2Ad